大手化粧品メーカー研究所の場所一覧

2018年7月23日

化粧品メーカーの研究開発者として、意外と気になるのはそれぞれの化粧品メーカーの研究開発者たちが一体どこで仕事をしているのだろうかというところです。つまり研究所の場所や所在ですね。まあこんな情報を欲しがるの人はすごくマイナーな層だと思いますし、一般の化粧品消費者の方々には需要はないと思います。

 

ただし、同じ化粧品開発者や就活生の方々なんかは意外と気になるのでは?

ということで今回、大手をはじめとした有名化粧品メーカーの研究開発所の所在をまとめてみました。




 

研究所一覧

さっそく、簡単に大手の研究所の場所を地図上にプロットいたしました。

日本の化粧品メーカー研究所の位置

 

ちなみに今回調査した化粧品メーカーは以下の10社になります。年間売り上げを参考に上位の会社をピックアップしました。

日本の化粧品メーカー研究所所在地

 

詳細について確認していきましょう。

資生堂

資生堂の研究開発は主に横浜にある2000年より資生堂リサーチセンターで行われており、約700名がこのセンターで働いています。また、国内には細胞の培養や加工を行う資生堂細胞加工培養センターが神戸にあり、海外では中国やアメリカでも研究開発を行っているようです。

花王

花王の研究所は世界に広く点在していますが、メインである日本の研究所としては、つい最近設立された小田原研究所です。こちらの施設は2016年に設立したばかりの研究所で、花王とカネボウの化粧品研究機能を集約させたものになっています。

コーセー

コーセーでは、製品開発の研究、基盤技術・品質管理の研究、技術情報や薬事情報の管理、という3つの拠点をもって研究開発を行っています。全て東京都でそれぞれ北区板橋区北区となっています。3か所に分かれているとはいえ、約5kmほどの範囲で固まっているため、それぞれの研究所間の意思疎通は取りやすそうです。

ファンケル

ファンケルの総合研究所は横浜にあります。研究所見学会なんかもやっているみたいです。

ポーラ・オルビスHD

ポーラ・オルビスHDの研究開発はポーラ化成工業というグループ会社が一手に担っています。場所はこちらも横浜です。このポーラ化成工業の研究がポーラやオルビスの製品に繋がっていきます。

マンダム

マンダムは大阪市中央区にある本社内に技術開発センターや基盤研究所を持つ。男性化粧品に強いマンダムでは男性の肌の研究が盛んに行われているようですね。

ノエビアHD

ノエビアHDではノエビアと常盤薬品の研究所の統合を行っており、日本各地で研究活動を行っています。滋賀県東近江市には総合研究所があり、2015年には未来型コミュニケーションラボとして神奈川県川崎市に東京研究所が設置されています。

シーズHD

シーズHDではグループ会社のドクターシーラボが化粧品研究開発業務を行っていると思われます。おそらく本社である東京都渋谷区にて開発業務などが行われていると思うのですが、研究情報などがあまり見つからず、中途半端な情報提供になってしまいましてすみません。

ミルボン

ミルボンの中央研究所は大阪市都島区に位置します。ミルボンでは髪の研究などが盛んに行われています。

ナリス

ナリスの研究所は本社と同じ建物で大阪市福島区にあります。本社にあるので他部署との連携は非常に取りやすいと思われます。

都会は?田舎は?

私の個人的印象としては研究所は割と田舎に多いイメージではあったのですが、今回調査した10社においては特にすごい田舎とは感じなかったです。ノエビアの滋賀研究所は田舎かなとは思いましたし、ナリスはだいぶ都会ですが、それ以外はどこも住みやすそうな町の中にあり、どこに就職しても楽しく過ごしていけそうだと感じました。

神奈川、特に横浜が多い謎

今回、調べた化粧品メーカー10社のうちなんと5社が神奈川をメインで研究開発を行っており、しかも3社は横浜ということで、神奈川、特に横浜が化粧品メーカーの研究開発地として強い人気を誇っていることが判明いたしました。

今回上げた会社以外にも日本コルマーなどが横浜で研究開発活動を行っており、その人気の謎を少し調べてみましたが、残念ながらいまいち良くわかりませんでした。ご存知の方がいたらこの若輩に教えていただけると助かります。

横浜には化粧品メーカー以外にも研究所が多くあり、個人的な考察ではインフラや物流の面で有利なことが多いのではと思っております。

まとめ

今回、化粧品メーカーの研究所の場所をざっとまとめてみました。一番上のプロットを見ていただければ分かるように横浜・東京エリアと大阪エリアに2分されているということが分かりました。

化粧品メーカーはたくさんあるのでもっと探してみたらいろいろなところに研究所があるのかもしれません。

また今後追記していきたいと思います。